CSSの概要については

CSSとはどういうものか

CSSはカスケイディング・スタイル・シートの略語でウェブページのスタイルを指定するための言語のことを言います。又、文書のスタイルをを指定する技術全般をいう場合もあります。CSSはHTML言語と組み合わせて使用されることが多いものです。HTMLがウェブページ内の各要素の意味や情報構造を定義するのに対して、CSSはそれらをどのように定義するかを指定するものです。例えばモニターで色やサイズ、レイアウトなどの表示スタイル、プリンター出力時の出力のスタイル、あるいは音声読み上げの際の再生スタイルなどを指定することが出来ます。HTMLはハイパーテキスト・マークアップ・ランゲッジの略語でウェブ上の文書を表現するための言語で他のドキュメントへのハイパーリンクを貼ったり画像や表、リストなどの表現機能も持っています。

CSSのメリットとは

CSSで文書の見栄えをコントロールすることで文書構造とスタイルを分けて管理できるようにうなります。HTMLで文書スタイルをコントロールすると文書の内容に合わないタグを使うことになってその文書の構造が分からなくなるということがあります。ところがCSSを使用すると文書の構造に関係することなくスタイルをコントロールできるようになります。これはスタイルを一括して管理ができるために複数の文書でスタイルを共有できメンテナンス性が向上します。余分なマークアップを取り除いて記述を一カ所にまとめることができるのでファイルのサイズを減らすことも出来ます。ここから多くの場合SEO対策に有効となり、アクセス面での効果が期待できるようになり、これがCSSの基本となります。