CSSの基本的な書き方

CSSとは一体何なのか

スタイルシート(CSS)とは一体何なのでしょう。CSSの基本が学びたい方は、何となくWEBページの見栄えを調整するもの、というくらいのイメージがあれば大丈夫です。CSSの正式名称はカスケーディング・スタイル・シートといいます。この「カスケーディング」とは「階段上の滝のような」「連鎖して繋がる」という意味です。でも一体何が連鎖してつながっていくのでしょう。それを知るためにはCSSを構成する三大要素を知る必要があります。その三大要素とは、1)セレクタ、2)プロパティ、3)値の3つです。それぞれ1)どのhtmlタグに対しての見栄えを調整するのか、2)どのような内容のデザインにするか、3)装飾の度合いはどれくらいにするのか、という捉え方で大体大丈夫です。

実例で見てみましょう

たとえば見出しの文字のフォントサイズを18pxにして、色を青にする場合は、h1{font-size: 18px, color: blue}という表現になります。この場合“h1”が「セレクタ」で、htmlタグ“h1”に対して作用するように命令しています。その後の“font-size”、"color"が「プロパティ」でそれぞれ文字の大きさ・文字色に対して作用するという意味です、最後の“18px"、"blue”は「値」でどれくらいの大きさ、どんな色にするのかを指示しています。CSSを学ぶ場合はこの3つのプロパティについて実例を見ていけば次第に自分の望む装飾ができるようになっていきます。CSSの“カスケーディング”についてはCSS内で初めに宣言されたものが引き継がれて最終的に文書に反映されるという意味ですが、まずは基本の3要素を覚えて望む見栄えを実現してみましょう。

HPを作るのは難しいと思っていませんか。HP作成をする上で必要なのは、HTMLとCSSの言語になります。基本だけ覚えておけば、簡易ソフトで作ったものを、少し修正するのにとても役立ちます。