CSSのテクニック概説

CSSの特徴と意義の基本

スタイルシートはいわゆるホームページをレイアウトするプログラミング知識で、サイトの見栄を良くする役目を持っています。スタイルシートの最大の特徴は複数のHTMLのレイアウトを共有できることです。HTMLではレイアウトするとき、要素ごとにそれぞれ指定しなければならないので、ものすごい手間がかかります。しかし、スタイルシートではそれらの手間を省き、なおかつ自由にレイアウトを変えることができるのです。またスタイルシートはHTMLの次世代にあたるXMLの対応にも適しています。そのため、HTMLよりも次世代に残る確率が高いのです。ちなみにXMLに拡張可能版のスタイルシートも適応されます。CSSの基本はこれらのことを覚えていれば、作業が効率よく上がるのです。

CSSを使う上での注意点

スタイルシートはHTMLの欠点を補ったりとメリットが多いのですが、必ず注意しなければいけない点も存在します。その一つがブラウザごとによる表示の違いです。ブラウザにはサファリやインターネットブラウザなど様々なものがあります。それらのブラウザ対応を重視していないスタイルシートを作ってしまうと、ブラウザごとにバグが生じてしまうことがあります。そうならないために各ブラウザでそれぞれどのように見えるのか確認し、ブラウザごとの表示の仕方に合う指定をした方が得策です。もう一つの手としてブラウザごとに異なる解釈をしたスタイルシートを作るのも良いです。 このようにスタイルシートの欠点を覚えておければ、怖いものはありません。