CSSの基本について

CSSの基本的な考え方

CSSについて学ぶ前にCSSの基本を理解しておく必要があります。CSSはHTMLとセットでwebページを構成する要素になります。HTMLは文章構造を担当するのに対してCSSはデザインや色、フォントなどを担当するものになります。CSSの基本はどの要素に対してどういった装飾を行うのかという指示を出すことにあります。ある特定の文章について色を変えたい、一括してフォントを変更したい、指定部分だけ強調したいなどの用途に利用するのがCSSの基本的な使い方になります。CSSは基礎的なことから応用まで様々なテクニックがあり日々進歩しています。webページの制作にあたって日ごろから様々なwebデザインに触れるておくこともCSSの習得には不可欠です。

CSSでデザインを行う際の注意点

CSSはHTMLなどと同様にバージョンがあります。バージョンごとにサポートしているブラウザの種類が違うためターゲットとしている層がどういったブラウザを使用しているのかという点を調べておく必要があります。また最近ではスマートフォンの普及によりPCからだけでなくスマートフォンから閲覧するユーザーも増えてきています。スマートフォン対応のデザインを作成しておくことも重要なポイントになります。PC用のサイトと同様にCSSでデザインを行うことになるためCSSの基本をしっかりと理解して応用することができる技術力が必要になります。CSSの基本的な仕組みや実装が出来るようになれば様々デザインのサイトなどを作成することが可能になります。

ホームページ作成の見積もりが欲しいときには、無料の一括見積もりサービスを利用することにより支出を抑えることがかないます。