CSSの意味と基本となる構成について

cssとは何かについて

CSSとは"Cascating Style Sheets"の略です。別名はスタイルシートです。ページの見栄えをよくする役割を担っています。画像を表示させたり、文字の位置の調整をしたりすることができ、CSSを使いこなせるかどうかでページの見栄えが全然違ってきます。CSSファイルを作るには、拡張子を.cssにすればOKです。HTMLと比較すると、HTMLの基本は構造にかかわるものでCSSの基本はデザインにかかわるものという認識でいいでしょう。また、デザインだけでなく印刷や音声といったものもCSSを使うことでできるようになります。外部のファイルとして読み込み可能なので複数のページのデザインの一括管理もできます。便利ですね。

CSSの基本的な書き方

CSSの基本的な書き方について記述します。CSSの構成は大きく3つに分けられます。一つ目はセレクタで、どのファイルに対してデザインを適用するかを指定するものです。二つ目はプロパティで、デザインの内容の指定に使います。プロパティはかっこでまとめてくくることでセレクタ一つに対し複数のプロパティを設定できます。文字色(color)や背景色(background)のデザインにもプロパティを使用します。三つ目は値でデザインの内容(プロパティ)をどれぐらいにするかを指定します。数値などを入力します。この三つをセレクタ、プロパティ、値の順で並べ、プロパティと値をかっこでくくることでCSSの効果が発揮されます。

IT関連の事業を行っている会社では、ホームページ作成の実績をサイト上に記載していることがあります。これがたくさんあればあるほど、IT系に関する知識や技術が高いと言えます。